人形の蔵(白石)

旅の最終日
『人形の蔵 』は亡きご主人が保存していたというレトロ品を展示している館
DSCN9165.jpg

昭和初期の懐かしいものがいっぱいだったけれど
70余年前の戦争の記憶が重苦しかった
DSCN9166.jpg

知らなくていい 知りたくない じゃなくて
一度でも知る必要があるよねその時の気持ち

重苦しいけれど 当時の『暮らしの手帖』
誰が誰を憎くてこんな世の中に向かうのか?
国民が見えない国家
昔の話じゃないですね

花森安治氏編集
DSCN9167.jpg


DSCN9170.jpg

〈戦場〉はいつでも 海の向こうにあった
海の向こうの ずっととおい 手のとどかないところにあった
学校で習った地図を広げてみても 心のなかの〈戦場〉はいつでも
それよりもっと とおくの海の向こうにあった

ここは〈戦場〉ではなかった
ここではみんな〈じぶんの家〉で暮らしていた
すこしの豆粕と大豆とどんぐりの粉を食べ
垢だらけのモンペを着て
夜が明けると血眼になって働きまわり
日が暮れるとそのまま眠った
ここは〈戦場〉ではなかった

海の向こうの 心のなかの〈戦場〉では
泥水と 疲労と 炎天と 飢餓と 死と
そのなかを砲弾が 銃弾が 爆弾が
つんざき 唸り 炸裂していた


DSCN9173.jpg

〈戦場〉とここの間に海があった
兵隊たちは死ななければ
その〈海〉を越えてここへは帰ってこられなかった

いま その〈海〉をひきさいて 
数百数千の爆撃機が殺到している

焼夷弾である 焼夷弾が投下されている
時間にしておそらく 数十秒 数百秒 焼夷弾が想像をこえた量がいま
ここの上空から投下されているのだ

それは空中で一度炸裂し 
一発の焼夷弾は七二発の焼夷筒に分裂し
すさまじい光箭(こうせん)となって地上にたたきこまれる

それはいかなる前衛美術も ついに及ばぬ凄裂不可思議な光跡を画いて
数かぎりなく 後から地上に突きささってゆく

地上 そこは〈戦場〉ではなかった
このすさまじい焼夷弾攻撃に さらされている
この瞬間でも おそらくここが
これが〈戦場〉だとはおもっていなかった


爆弾は恐ろしいが 焼夷弾はこわくないと教えられていた
焼夷弾はたたけば消える 必ず消せと教えられていた
みんなその通りにした

気がついたときは 逃げみちはなかった
まわりの全部が千度をこえる高熱の焔(えん)であった
しかもだれひとり いま〈戦場〉で死んでゆくのだとは
おもわないで死んでいった


DSCN9176.jpg

夜が明けた 
ここがどこかわからない

見わたすかぎり 瓦礫がつづき 
ところどころ余燼(よじん)が 白く煙を上げてくすぶっている
異様な吐き気のする臭いが立ちこめている
うだるような風が ゆるくふいていた

しかし ここは〈戦場〉ではなかった
この風景は単なる〈焼け跡〉にすぎなかった
ここで死んでいる人たちを だれも〈戦死者〉とは呼ばなかった
この気だるい風景のなかを 動いている人たちは
正式には単に〈被災者〉であった 
それだけであった

はだしである
負われている子をふくめて 
この六人が六人とも はだしであり
六人が六人とも子どもである
おそらく 兄弟であろう
父親は出征中だろうか
母親は逃げおくれたのだろうか

持てるだけの物を持ち
六人が寄りそって 一言もいわないで 
だまって焼けた鋪道を歩いてゆく

どこからきて どこへゆくのかだれも知らないし
だれも知ろうとしない
しかしここは〈戦場〉ではない
ありふれた〈焼け跡〉の 
ありふれた風景の一つにすぎないのである



DSCN9179.jpg

あの音をどれだけ聞いたろう
どれだけ聞いても馴れることはなかった
聞くたびに背筋が きいん となった
6秒吹鳴 3秒休止
6秒吹鳴 3秒休止
それの10回くりかえし 空襲警報発令

あの夜にかぎって空襲警報が鳴らなかった
敵が第一弾を投下して七分も経って 空襲警報が鳴ったとき
東京の下町はもう まわりがぐるっと燃え上がっていた

まずまわりを焼いて 脱出口を全部ふさいで
それからその中を 碁盤目に一つづつ焼いていった
一平方メートル当たり すくなくとも3発以上という焼夷弾
〈みなごろしの爆撃〉

三月十日 午前零時八分から二時三七分まで 一四九分間に
死者八万八千七百九三名
負傷者11万3千62名
この数字は広島長崎を上まわる

ここを単に〈焼け跡〉とよんでよいのか
ここで死に ここで傷き 家を焼かれた人たちを
ただ〈被災者〉で片づけてよいのか
ここが みんなの町が〈戦場〉だった
こここそ今度の戦争で
もっとも凄惨苛烈な〈戦場〉だった


DSCN9182.jpg

とにかく生きていた
生きているということは 呼吸をしている ということだった
それでもとにかく 生きていた
 
どこもかしこも白茶けていた
とはおもっても 生きていたのが幸せか
死んだ方が幸せか よくわからなかった

気がついたら男の下駄をはいていた
その下駄のひととは あの焔のなかではぐれたままだった
朝からその人を探して歩きまわった

たくさんの人が死んでいた
誰が誰やら 男と女の区別さえつかなかった
それでもやはり見て歩いた

生きていてほしい とおもった
しかしじぶんは どうして生きていけばよいのか わからなかった

どこかで乾パンをくれるということを聞いた
とりあえずそのほうへ歩いていってみようとおもった

いま考えると
この〈戦場〉で死んだ人の遺族に
国家が補償したのは その乾パン一包みだったような気がする



DSCN9183.jpg

お父さん
少年がそう叫んで号泣した
あちらこちらから咳咽の声が洩れた

戦争の終わった日 八月十五日 
靖国神社の境内

海の向こうの〈戦場〉で死んだ
父の 夫の 息子の 兄弟の
その死が なんの意味もなかったそのおもいが
胸のうちをかきむしり 号泣となって噴き上げた

しかし ここの 
この〈戦場〉で死んでいった人たち
その死については
どこに向かって 泣けばよいのか

その日 
日本列島は
晴れであった

comment

Secre

ああ、

これだったのね
ゆっくり読ませていただきます
掲載してくれてありがとう

yuukoさんへ

人間は教訓から学ぶんでしょうが

教訓をもって繰り返そうとする愚か者もいるのですね。

誰が彼を選んだんでしょうね。

戦争は

いらん!!

今のあいつは何をしても国民には何もいわれない!と
したい放題やり放題

何が駆けつけ警護じゃ
自分が行けばいいだろうに、、、ね。

Kさんへ

本当に。

人はそれぞれ長所も短所も持ち合わせているけれど

リーダーとして一番ふさわしくない人格が、立ってはいけない場所にいると思います。

憲法をないがしろにして、法律を逆手にとって

数の力でやりたい放題。ありえない。
プロフィール

尾崎圭子(kekkow)

Author:尾崎圭子(kekkow)
自然とかかわることでいっぱい元気もらってます。
いろんなもの育てたり作ったりが大好き。ここでいろんな思いを共有していただけたら嬉しいです

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク