アライグマ捕獲作戦

アライグマとの戦いが続いていました

これは7月21日のこと
この日は一番ひどくて40個の被害でした
早いものでも収穫まで2週間かかる未熟果です

1438112907658.jpg 


雨の日の1日を除いて毎日毎日
こんな毎日が続いてはたまりません
昨日まで被害累計100個を超えました

1438113040260.jpg 


ハウス全部を防風ネット、花ネットですっぽり包んでいたのですが
キツネやタヌキには通用してもアライグマにはチョロいことがよぉ~っくわかった!

1438112976492.jpg 

ほれ!
1438113003002.jpg 
器用な指先でちょっとこじあけてみた・・・みたいな
美味しいものがあるのが解ったらどうやってでも入るのです
トタンでも登るようです

 
で、ここから月形町公務員ハンターさんの助言でアライグマ捕獲作戦です

まず檻を仕掛けるのは
○ハウスの近くではなくて離れた場所
○ハウスから見えるところで川やため池のある周辺から低い場所

獣道を探して通り道を見つけました
用水に沿ってのヤナギの沿道

DSCN7057.jpg 

捕獲の檻は上の#1089が良いらしいです
踏み板の反応を調節出来るとのこと(当別ファームエイジ社)
大きいものは捕獲率が下がるのでこれが一番良いとのことです
(少しでも罠に驚いた個体は掛からない)

エサはキャラメルコーンとドッグフードで誘う
古い油の匂いが食欲を誘うらしく
最強は「古い油で揚げたパンの耳にハチミツたっぷり掛け」!!?笑

1438113114803.jpg 
※「数十匹を捕まえた」という方はタヌキとアライグマの区別が付いてないことが多い



アライグマとタヌキの生息圏は重なるが、一緒にはいない
アライグマは指先がある分強くて鉄板も引き裂くので檻も壊す事がある

DSCN7056.jpg 
ひとつ目の檻(#1092)

DSCN7058.jpg 
2つ目は#1089
鹿除けの電柵から入ってくる獣道の向こうには川が流れています
水辺を伝って移動しているのがわかります
電柵が整うまでその場にわんこを警備に繋いでおいたらどうかと質問したらば 
DSCN7021.jpg
逆にやられるかもしれないとのことで

私が夜警をしました





電柵が完成しました
 


DSCN7054.jpg 

これで夜はぐっすり眠れます
DSCN7053.jpg 
これから美味しいものがどんどん出来る季節
檻に掛かる率がグッと減少します
広い畑でスイートコーンやカボチャを作っている農家は
電柵で囲うことが不可能なので頭を抱えることになると思います

捕獲は食べ物の少ない春が勝負ということなので地域全体来年はしっかりと!ですね
公務員ハンターさんにご指導お願いしましょうよ~北空知のみなさん

DSCN7059.jpg 
                              ↑野鳥ハンター ニゲ

comment

Secre

なーんと、、

100個もですか、、、

どうぞどうぞうまくいってくれますように、、

成果もあとで教えてね

ファイトー!でまけるな!!!

☆ こんにちは~☆


なんちゅうこと すんねん (≧ε≦) あんたたちが… 種播いたんか! 水 やりしたんか!
こちらでも スイカ農家さんが 器用な手で 中身だけ すくって 食いよる! って 言われてるの 聞いたこと あります…

なんとか 捕まえられること 祈ってます

こちら 今日は35度 の 予報 (・_・;) 恐ろしくって…
昼間の ハウスには 入れません… 朝夕百姓 きめこんでます~ ♪

Kさんへ

電柵の効果は100%です。

問題は捕まえられるか???プロのワザのようです。

電柵張った途端来なくなってタヌキが檻に入った!

ということはアライグマが移動していったってことらしい。

100個食べられて丁度良い数になってます~ もう立ち直ってる私。

アンジーさんへ

このスイカの皮すごく堅いよ。

まるで刃物のような爪と強烈な握力。

そっちの農家さんはどう対処してるんでしょ。

35℃だすか!!?

私30℃超えると脳も身体も動きがとまりまんねん・・・

熱中症でやられないよう朝夕呑(のみ)百姓で決めてきましょ!

ぎゃぁ~~~

なんちゅうこっちゃあ~~~
食べられたスイカの残骸がぎゃ~~~~~っと叫んでるように見えます

これは地域全体で駆除しないとだめなんでしょうなぁ。。。。

153へ

アライグマには境界線はないからね。

カエルが主な食べ物で水辺を伝って食事するうちにもっと素敵な食べ物にたどり着いちゃうんだって。
知らなかった。

スイカが悲鳴あげてるよね。

電柵張ってからはまた平穏な朝です。
プロフィール

尾崎圭子(kekkow)

Author:尾崎圭子(kekkow)
自然とかかわることでいっぱい元気もらってます。
いろんなもの育てたり作ったりが大好き。ここでいろんな思いを共有していただけたら嬉しいです

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク