一人旅【宮古~釜石仮設住宅】


宮古市を湾に沿って行く

ずっと向こうが海
 
細長い湾に流れる津波の勢いはもの凄く、フェンスが海側に傾いているのは引き波の力?


4岩手宮古~山田町. 



こんなに高い防潮堤をいとも簡単に乗り越えた
 
5岩手宮古~山田町. 
 


静かな海 向こうに見えるのは瓦礫の山

山田町海岸 



貝の処理場だった砂浜は建物全て流されて、残るのは貝殻だけ

5岩手宮古~山田町 



防潮堤を越えた波はますます勢いを増して 山田町全部を押し流した

ここは駅前ロータリー 

仮設のバス停が置かれていたけれど

山田町 



ホームには線路もなくなっていた

2山田町 



そこで全部流されたうどん屋さんが仮設店舗で

2山田町のうどん店 



忙しそうだった

3山田町のうどん店 



メニューはいろいろ

4山田町 



本日ランチをいただきました

とっても美味しかった

お土産に山田生せんべいもお買い上げ!

山田町のうどん店 





お腹いっぱいになったところで釜石仮設訪問

いいなぁ~ 柿

仙台もそうだったけど、どこも柿が採られずに木にぶら下がったまま


柿 



フィールド・ノートのお客様

訪問したのがとっても嬉しそうで

もと漁師さんだったおじいちゃんはいっぱいあわびを持たせてくれた

後で知ったんだけれど、この日はあわび漁解禁日!!!

釜石仮設訪問 



おしゃべり出来ないおじいちゃん

全身で喜びを表してくれた

仮設訪問 



仮設住宅は殆ど公園に置かれています

まわりは津波被害を受けていない住宅地

その中にびっしり建てられています

釜石仮設群 



もう一人の元気印おじいちゃん

奥畑さんの顔を見るなりお部屋の中を困った顔で見回し始めた

持たせる物を探しているみたい

津波後身体の悪かった奥様が亡くなり、仮設仏壇が置かれていた

なのに袋にありとあらゆる食べ物を詰め込み始めて よく来てくれた~~って


釜石仮設住宅訪問 

お味噌とお米持参で 逆土産がこれ以上増えちゃいかん!と帰りがけ

懇願するように「何が欲しい?!!!(頼むから言ってくれ!)」


どっちが被災者かわからないね・・・と苦笑しながら仮設を後にした




あちこちできれいにぶら下がった乾物

仮設住宅の干物 



仮設住宅の干物2 


仮設住宅は2年が期限だと言っている

あと数ヶ月?その後はどうなっていくのだろう

各地で数え切れない仮設に住む人たちにはまだまだ見えないことばかり

だけど、今を楽しむおじいちゃんたちがいた


お逢いできて心から感謝!

comment

Secre

涙がでてくるよ

ほんとにほんとにどこもかしこもまだまだ震災のまんま
今ガレキという本を読んでる、、何が絆だ!!

仮設は、そう、公園や球場だったところに多く作られてるの

まわりはなんでもないおうちが立派なおうちがずら~っとある、、

仮設ははじめは2年って言ってたけど、もっと長くいられるようになってるはず
2年で終わりっていわれたってどこも行くところがなかったら、そこにいるしかないし!
仙台近郊でも、1番早いところが来年のいつか、、復興住宅ができるところがあるらしいけど

それ以外はいつになるやら

仮設のおじいちゃんいあえてよかった、、そこに訪ねてくれる人がいておじいちゃん、よかったね~~
被災地回ってくれてありがとうね~~

又言ってやる!
政治家のばかやろーーー!!!

Kさんへ

分かってなかったんだね。
仮設は被害のなかった住宅密集地に置かれてるとは。

よく考えてみればわかること。
まさか津波で何にもなくなったところに設置するわけにはいかないんだ。
いつも通りに暮らせる住宅地の公園の中で肩身の狭い思いで仮設に住む人たち。
そこに入り交じる複雑な思い。あーーー・・・・・知らなかったわ。

2年っていうならそれなりに整備しておくれよ!
いつもそうだけど、派閥争いしてる時間ないんじゃないのかい?
被災者のためだなんて、そんな言葉で被災者を利用するな!

お怒りごもっとも!!!

こんな調子で2年じゃ無理だよね。

この二人のおじいちゃん達は仲良しなの。
近くに住めると良いのに、住民票の関係でか、ずいぶん離れた仮設で離ればなれ。
それでもめげずちょくちょく逢ってるみたい。

.。。。。.

三陸はリアス式だから津波の高さや強さがすごいらしいです

おじいさんたちよっぽどうれしかったんだね

若い者が来たら何か持たせて返さねば!とおもうのが年寄りのプライド(?)なのよきっと

めんこいじさまたちだ♪

奥畑さんがきっとめんこい若者なのねっ

柿はねだれもとらないらしいの

こうして柿を取らないでおくから

ツキノワグマが柿を狙ってさとにおりてきて困っているらしいよ

あ!サルも!!

153へ

三陸はリアス式・・・そうそう
だから海が豊かなのと、津波が来ると悲惨なんだね・・・・
リアス式海岸って初めて見たの。
ここはどこまでも向こう岸が見える海。

>若い者が来たら何か持たせて返さねば!とおもうのが年寄りのプライド(?)なのよきっと

わかりやすい!プライドなんだね。

奥畑さんはきっとついお世話してあげたくなる人です。
温厚で、なんでも自然のことに夢中になって話は尽きない。

タイマグラのじいちゃんもばあちゃんも、奥畑さんがめんこくてたまらなかったんだよ。
奥畑さんたちが来てくれてほんとに嬉しかったんだねって言ったけど

じいちゃんばあちゃんには感謝だけ。

柿 もったいないね。
クマやサルも食べたいよね。



プロフィール

尾崎圭子(kekkow)

Author:尾崎圭子(kekkow)
自然とかかわることでいっぱい元気もらってます。
いろんなもの育てたり作ったりが大好き。ここでいろんな思いを共有していただけたら嬉しいです

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク