郷土資料館Ⅱ

前回に続いて郷土資料館
この写真はお米の検査風景
俵にサシを入れてお米を調べて出荷します
すごい景色ですよね
2008_0108郷土資料館0032


私が気になっていたのはこの道具
当時は便利なものだったよ、と言うけれど
こんなの持ってぬかるむ田んぼを歩くなんて大変なことですよ
2008_0108郷土資料館0037
ばあちゃんご苦労様


次は除草機
これは男の人の仕事かな?
これを植えた苗の間をすべらせて、出てきた草の芽を抑えてたんだね
2008_0108郷土資料館0038


千歯こき
稲の穂をかまして脱穀
2008_0108郷土資料館0036


どこの家でも衣服のための綿羊を飼ってた
毛を紡いでセーター編んでたんだ
脂臭くてべたべたしてたけど、あったかかったんだろうね
2008_0108郷土資料館0034


冬の仕事は俵編み
収穫したワラは他にもムシロ、わらじ、草履なんか作って無駄がなかったな
つまご、って私はそんなに日常聞いた言葉じゃないけどどうだっただろう?
2008_0108郷土資料館0065


続きは生活の風景、道具です
冬は寒かったでしょう

いろりばたで薪を燃やして暖を取る
屯田にいさんが帰ってきた
若い嫁が「おかえんなさい」
かあさんが冷たい水にあかぎれ痛い
「おとっつぁん、毎日飲んだくれてないでちっとは・・・」

「いつもすまないねぇ~~」とばあちゃんの声・・・

・・・暗っ!
2008_0108郷土資料館0068
・・・・・


尋常小学校教科書
ハナ ハト マメ マス のあとが サイタ サイタ・・・でしたっけ?
2008_0108郷土資料館0033


ごはんのおひつ
2008_0108郷土資料館0070


アイロン 熱い炭を入れてアイロンかけ
2008_0108郷土資料館0072


竹のかんじき
なかなか最初はひもを引っ張りながら歩くのが難しい
2008_0108郷土資料館0073


ミツビシのミシン?
2008_0108郷土資料館0074


これは?PLEASEのミシン?
2008_0108郷土資料館0094
Dさま教えてください
このミシンは戦後の昭和25年くらいのオリジナルの商品のようです
この頃有名なシンガーミシンは、家一軒建てられるほどの高価なものだったそうです
ミツビシのミシンはPLEASEミシンのちょっと後?
Dさま、ありがとうございました!


この中に氷を入れて 冷蔵庫
こんなの持ってる家なんて少なかったよね
2008_0108郷土資料館0096


ずっとあとからの電気製品だけど洗濯機
右のハンドルグルグル回して絞る
平べったくなった洗濯物がなつかしい
2008_0108郷土資料館0069
すぐに脱水機つきが出てきて消えちゃったけど、当時は画期的と思ったもんだ!

comment

Secre

おはよう~

第2弾だねえ!

米の出荷は馬に俵を積んで運んだのね
時間かかっただろうね
あの家々、、、、道もすごい、、、、
懐かしいような 何ともいえない気持ち
蛸足で籾殻の落ちる量を調節するのは難しそう

除草機はお母さんがいつも押してたのを思い出すけどあれは既にブリキで出来てたと思うわ
これは木でしょ・・・
押すのが大変だね

千歯こきはなんだか痛そうだ
毛糸は油っこくて綿羊の匂いがしたよ
毛糸を紡いだり縄を綯ったり・・・ 面白そうだった
母が俵を編むそばに坐ってよくお話しを聞いたっけ

いろんなことが次々と思い出されてくるわ・・・
今度行く時は一緒に行こうね

そういえば

お母さん除草機押してたことあったねぇ
お父さんは日曜日とか役場に行く前にやってたこともあったかな?ほとんどばあちゃんとお母さんの仕事だったね。
除草機、これは手作りの木を削ったもので重そう。
田んぼは歩くだけで疲れるのにね。

千歯こきが痛そう!
この上に落ちたらひどいね~

>母が俵を編むそばに坐ってよくお話しを聞いたっけ

その思い出は ない
きっとめんこくて、ききわけよくて
この時間は至福の時だったろうね!
編み物してるときも、きっとyuuちゃん傍らでずっとお喋りしてたんだろうね。

こんど行こうね。一緒に。

あ、ところで続きは見た?

続きは見たよ

見たのに 話題に出なかったね
あの冷蔵庫はね ハルコおばさんちにあって珍しいなって思いながら見てた覚えがあるわ

洗濯機は懐かしいね~
あの脱水機ね・・・ペッタンコね
PLEASEのミシンは初めて聞いた
Dさま 知ってるかな?
三菱のミシンもねえ・・・・

あの木槌は ばあちゃんが豆さやを叩いていたっけ
お櫃の隣の篭がステキだよね♪
何に使ったんだろう

それにしても あの断熱材も入らない家で囲炉裏の火だけでよく凍えなかったね
昔の人は強かった!

へぇ!あったの?

あの冷蔵庫。

庶民は雪の中に埋めるとか。冬だけの冷凍庫。
でも当然不自由じゃなかったね。
今はなかったら困る。
でも、ない生活の練習する?
インドは暑くてもなかった。

無理はやめよう。

ばあちゃんの木槌、思い出した!
大きさから重さまで、どれかって比べたらわかると思うな。
篭はきれいだったよ。
とっても造りがきれいだった。
さすが、よくみえたね。

もう一度見てくれてありがと~

へへ、ミシンのことなら…

kekkowさん、こんばんは!

時代が明治から大正、昭和と移っていってるんですね。

昔の方もいろいろと試行錯誤の後に、いろんなアイデア道具を考えておられたんですね。
洗濯機も懐かしいです。
ふたつのローラーで挟んで、水を絞って…
よく遊んでは怒られてましたね。(笑)

さて、こういった郷土資料の展示品で昭和の時代に登場するのが足踏みミシンです。
昭和に入ってから国内のミシンメーカーが雨後のタケノコのように誕生しました。
あの松下電器も三菱電器もミシンを作っていましたからね。

当社も元々はミシンのパーツメーカーでしたが、いくつかのブランドで本体も販売をしてたようです。
元あるメーカーはアメリカのシンガーや今年100年を迎えるブラザーくらいで
いろんなミシン屋さんが独自のミシンブランドを持っていたといっても過言ではありません。
特に第二次大戦後はミシンは貴重品で、家一軒と輸入物のシンガーミシン一台が
同じ価値を持っていた時代もありました。

今回kekkowさんが撮っておられる三菱ミシンは戦後のHA-1タイプで、
PLEASEも北海道の販売店さんのオリジナル商品だったのでしょう。
時代で言いますと、PLEASEの方が昭和25年くらいのものでは?
三菱は脚で判断しますとそれよりも少し後かと…

どちらにしても今や入手が出来ないものになってしまってますね。
本当は姿勢は楽だし、大きな物も縫いやすいし、一番使い易いミシンなんですけどね…
今のミシンは便利そうで意外に不便で…

やっぱりDさま!

ご存知ですね~~~~!
ありがとうございま~す!

これからパン屋さんなので帰ってからまたゆっくり。

でも知りたいことがもう一つ発生しました。
>ふたつのローラーで挟んで、水を絞って…
よく遊んでは怒られてましたね。(笑)

どんな遊び方して怒られたんですか?

パン屋さんは。。。

商売繁盛でしたか?
今回のお道具は知ってるものもあれば知らないものもあれば。。。というところですな
一番の発見は囲炉裏の座る場所ですたい
家のほうはトト座とカか座があります
トト座は座敷を背にしてでんと座ってます
カか座は上がり口のたちすわりが自由にできるところにあります
カか座は一段低くなって薪をくべたりしやすいようになっているところもあります
封建時代のなごりといいましょうか。。。
いまやトト座はいずこへでんなあ~~~

153 おっはよぉ~!

yuukoだす!
多分今日がパン屋さんだと思いますわ
きっと今日も商売繁盛でしょうね~♪

トト座ですね・・・今は何処ですね~~
北海道でも、お客様の坐る上座とかいうのはあるのでしょうけど
多分 開拓に入った人たちは男も女もなく働いたので 男女の差もあまりなかったのではないかしら・・・と思うんですけど kekkowさんどう思う?

153、こんばんは

何気なく配置してる場面にも、意味があったりするんですね。
トト座とカか座かぁ~
また興味深いことを・・・

と言うことはこの写真の場合、正面がトトさまの場所なんだね。
ひいじいちゃんの時はそんな順序があったかも知れない。家族の動きの流れのないところに陣取ってたかな?
yuukoさんの言うようにそちらほどの封建的な空気はなかったでしょうね。

でもひいじいちゃんは大いばりだったよ~

今でも女の人は小回りの利くところでいるけど、高いよね。トトの場所はいずこ。

なんだか分かんないものばっかりだあ

ミシンや冷蔵庫や洗濯機は、さすがに分かるけどさ、はじめのほうに紹介されてる農機具なんか、第一回月面探検の資料だって言われても、そうかなと思っちゃうくらい、ワケ分かんないな。

蛸はねぇ、捕獲してきた月の生き物で、除草機は月面探査機。
千歯こきは、岩石の選別機だし、ほかにも月面を探査する道具がイッパイだあ。

yuukoさん、おばんです~

内地の封建的な家長制度、ずいぶんこっちでやわらいだとは思うけど、名残は残ってたと思う。
地域によっても違うみたいだよ。
お隣さん思い出してみて。
いつも怒鳴り声が悲しかった。女性はかわいそうだった。

男の人?頑張ってる人はたくさんおられますけど。
女の人の働きは今でもそれ以上よ~

たき姐さんへ

月面?
そういやそうだ。
蛸足なんてホントにそうだ。発想がさすがにユニークだ。

この時代、ちょっとでも経験すればめっちゃ懐かしい。
たきねえも手伝っていればね~
ネコの手も借りたいくらいなんだから。。。
おやつにキャラメル、カステラだよ~ん

こんばんは~

今日も心に深く響く資料館ですね~
昔の人はほんとにすごかった!
工夫された手作りの道具、、、
今から思えば、使いやすいとはとっても思えない、、、
それでも当時は最新式、、、時代ですね~

153と同じで知ってるものも知らないものもあります

母の実家が農家でした
農繁期の手伝いに行く母についていった時の思い出が鮮明に残っています

祖母にも母にも、あまり怒られた記憶はないのですけど、、、何故だか一度だけ怒られて真っ暗な蔵の中に入れらて、とっても怖くて泣きじゃくった事を覚えています
優しい祖父が助けてくれました(笑い)
kekkowさんとyuukoさんのお話を聞いてたら色んな事を懐かしく思い出しました

Dさまが色々言ってますね
お店にも明治、大正の頃の非売品のミシンが並んでいます
道行く人がちょっと見せていただけますかとお店の奥まで入ってこられます
皆、使ったわけではないのなだけど昔のものに懐かしさを覚えるのでしょうね
ほのぼのとしたお顔は嬉しいですね~

Kosumosuさん、おはようございます!

そうですか、お母さんの実家が農家だったんですね。
だから子供心に懐かしいんですね。
農繁期になるととにかく人手が必要ですから
農家はお祭り騒ぎ(?)だったんですよね。
でも、蔵は怖かったでしょうね。。。何でか思い出せない。子どもの記憶ってそんなものだからあまり恐怖は与えない方がいいですよね。

>今から思えば、使いやすいとはとっても思えない、、、
それでも当時は最新式、、、時代ですね~

ひとつひとつ、そうなんです。
どれも画期的な道具だったんですよね。
この頃からの成長って目を見張るものがありますね。
機械は今のものにはかなわないけれど
小さな道具って、手に馴染んでいて他に代わるものがないものもあります。
例えば、
材木を削って持ち手を握りやすく作った木槌なんて、ばあちゃんがよく使ってたっていうyuukoさんの言葉に思い出しました。

私、今年大豆をビール瓶で叩いたんです。
あれがあったらいいだろうに、って思い出しました。

ミシンのことはやっぱりDさんですね!
脚の造り見ただけでわかるんですね。

ミシンの感触って今も鮮明に蘇ります。
左側の板を開いて出し入れするんですよね。
まずベルトを外して・・・・

糸調子も自分で調節して
ボビンケースにボビンを入れて糸を持ち上げて「ツツゥーー」っとゆっくり下りるのが丁度いい状態。
手と足とミシンと協力し合って、一枚の布が形になっていくのってあたたかいですね。
Dさんがこの頃のが使いやすいって、解る気がするんです。
コンピューター任せは、便利かもしれませんがわからなくて不安です。




洗濯機!

せんべいになって洗濯物がでてくる洗濯機、30年前まで我が家にありました。
高校卒業後、家を出て学校の寮に入った時、洗濯機には脱水がついてました。
私、せんべいしか知らなかったもんで、初めて洗濯する時、使い方がわからなかった・・・。
当時にしたら随分遅れてたなあ・・・。
実家には私が卒業して帰るまであった・・・。
今は全自動、便利になったねえ。

そういえば、うちの近くのリサイクルショップにこの前手で回すミシンがありました。
足踏みは使ったけど、手は??

ローラーで回す脱水装置…

kekkowさん、こんばんは!

手でハンドルを回し、ローラーで挟んで脱水をする昔の洗濯機…
ローラーはちょっと固めのゴムのような…
そこへ固いおもちゃやお風呂で遊んでた船を挟んで…
当然、ローラーに傷がつきますよね…
そうすると隙間があいて、水がうまく脱水できなくって…
で、怒られる…ハハハ、もう時効だぁ~~~!

それと手回しミシンは、まだまだ足踏みミシンが
出回る前の頃、大正や明治の時代のもの。
(たまに昭和の時代のものもありますが…)

特にシンガーのアンティークは状態がよいと
今でも高値で取引をされていますね。
ただし、胴体の絵がきれいに残ってたり、可動品で
あること、また純正のままで他に手が入っていない
当時のまま、というのが条件ですけどね。

それ以外はほとんど価値なし、というのが現状ですよ。
当社にも会長のコレクションが飾ってあり、シンガーの
2号機なるものもあって、ときたま取材にこられますが非売品です。
だってもう無いんですからね!

chiyoさん、おはようさん!

びっくりビックリ!
30年前までローラーを使ってたの?

あれが出たときは手絞りと比べたら随分楽だったんだけど、それでも水がポタポタ落ちて外しか干せなかったんだよね。
冬はすぐに凍っちゃうから洗濯物が板状になるの。
その上凍ると乾かない。思い出すなぁ~~~

全自動は便利だよね。乾燥機までついてるし。
あ、でもうちは自然乾燥。

それからchiyoさん!わが家はリサイクル大好き家族!
手回しミシンいいなぁ~いいなぁ~~~~~!
捨て値なら送って欲しいくらい!

kosumosu-Dさん、おはようございます

あはは!おもちゃですか~~
ローラーが開いちゃう。。。
私もそれで注意された気がする。
あんまり分厚く挟むとダメなんですよね。
均等に通らせないと。。。

でも生き物じゃなくてよかったぁ!
(何想像してるんだろっ)

Dさんのブログの中で出ていた昔のミシン
興味津々で夫と見ました。
面白かったです。
古いのにピッカピカ!まだ使えるんですね~
さすが老舗ですね!

chiyoさんの近くのリサイクルショップに手回しがあるなんて、やっぱり歴史がどこまでも深いですね。
そちらのリサイクルショップ巡りしたい・・・・

はじめまして。

kekkowさん、はじめまして。

昨日、勝手ながらブログを拝見させて頂きました。
私も12月よりブログを投稿していますが、美々川の記事をネットで見ていたところ、
kekkowさんのブログについつい見入ってしまいました。
四季折々の写真の風景がすごくきれいで感動しました。

突然の訪問を許してください。
また、遊びに来ます。
苫小牧からの訪問者です。

buluedanさん、いらっしゃいませ!

苫小牧なんですね。
美々川源流は私の第二の故郷です。
植苗も随分変わりましたよね。住宅がいっぱいで驚きました。
放水路だけは絶対だめです!
計画が中止で本当に良かった!

見ていただいてありがとうございます。
源流に行くチャンスは少なくて残念ですが、こちら北竜もよろしくお願いいたします。
ウトナイ湖、樽前山も楽しみにしています。

ありがとうございました
プロフィール

尾崎圭子(kekkow)

Author:尾崎圭子(kekkow)
自然とかかわることでいっぱい元気もらってます。
いろんなもの育てたり作ったりが大好き。ここでいろんな思いを共有していただけたら嬉しいです

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク