fc2ブログ

復興五輪?

朝陽がハウスを貫いて火事に!?
DSCN3192.jpg  

いつものように深夜3時前と4時半~
それからずっとオスたちは啼き続ける
DSCN3208.jpg
先ずは羽ばたき 
そして「コッケコウ~~~」(おっはよう~~~)
DSCN3209.jpg
コッケコウ~~~(おっはよう~~~)
DSCN3210.jpg



今日も一日が始まる
DSCN3211.jpg





今年は初雪が遅くて楽だけど
温暖化を考えるとちょっと不安
どんな冬になるのだろう
DSCN3196.jpg

野菜ハウスをたたんだので
残っていた綿を採って吊るしていたら
ほとんど弾けてブーケになりました
DSCN3215.jpg





2011年震災後
2013年から毎年東北を巡るにいに
今年は気仙沼の方の哀悼の旅でもあり
さらに福島奥会津まで行って引き返してくる

今年も無事に帰還です
お土産いっぱい!
何匹目の「おのくん」かな?
大好きな布もまたいただいて
ありがとうございます

DSCN3214.jpg


東北レポートよろしければごらんください↓
復興五輪聖火が通った福島に立ち寄っています

jack4001.seesaa.net/archives/202111-1.html

秋色

黄葉は眩しいけれど
「もっと 」を期待すると過ぎる気がする
DSCN3162.jpg

通いの田んぼの最終日
秋色も進んでいます
いつもより早く13日から刈り始めて
田んぼが乾いて早く終われると思ったけれど
籾摺り機のトラブルや乾燥機・運搬の流れの都合で
2週間かかってしまった
DSCN3170.jpg

DSCN3171.jpg
もみ殻の山
DSCN3163.jpg

今年の新米
DSCN3172.jpg

暑かったおかげで青米がほとんど見えない
DSCN3175.jpg


DSCN3178.jpg


DSCN3179.jpg

DSCN3182.jpg

DSCN3183.jpg

さて 最後の品種ゆきひかりで
DSCN3184.jpg

DSCN3186.jpg

ようやく終わりました

DSCN3189.jpg




いつも思うことだけど
長旅だったね

『お疲れさま~』とめんこい応援団
DSCN3187.jpg

長旅終えるとすっかり秋色

DSCN3140.jpg

哀しき風見鶏

毎朝毎朝
DSCN3123.jpg

コケコッコー
DSCN3126.jpg

実は若いオスがあまりに乱暴で
産卵組メスが襲われて瀕死の状態にされるから
ハウスの外に隔離したわけで
そうしたら若オスは日暮れになるとハウスに飛び上がって夜を明かす

二羽の名前は〈ジャムセット〉黒と白
今年の私の誕生日にmaimaiにプレゼントされたこれにジャムの小瓶が入っていて
ジャムセットと表示されて そっくりだと思ったから
オスの名前は まともにつけられてない
DSCN3161.jpg

ジャムセットとキミエホワイト
DSCN3141.jpg
3羽は孵卵器から一緒に産まれた同期鶏
DSCN3142.jpg
アローカナの卵を願いを込めて選んだんだけれど
DSCN3143.jpg
みんな鶏冠が立派になってきて
DSCN3144.jpg
オスに産まれた運命は哀しい
DSCN3148.jpg
〈コンヤハ チュウシュウノ メイゲツ
コッコデ ナガメヨウ コッコ…〉

DSCN3150.jpg
会話が聞こえてきそう
同期の鶏は仲良しです






残念ながらお月様は見えず
風も強まって飛ばされたねきっと
DSCN3151.jpg

今年3月のジャムセット
DSCN2680.jpg


風見鶏が今朝も鳴く
DSCN3158.jpg


DSCN3157.jpg

more...

種が弾けた

オモチャカボチャを収穫しました

今年は【生活困窮者自立相談支援事業】として
会員さん1名にサポートセンターから3名、札幌NPOから1名が来られて
収穫作業を手伝っていただいたので
DSCN3073.jpg この通り~  
DSCN3075.jpgDSCN3077.jpgDSCN3080.jpgDSCN3076.jpgDSCN3078.jpgDSCN3079.jpg
目移りしますよね

1本の蔓からいろんなカボチャが採れるならそれは面白いんですが
一本からは1種類なので350粒の種から生まれたカボチャのなので
いろいろなんです

《いろいろあるから面白い🎵》
そんなことを支援員の方たちと話して
楽しく7割の作業が進みました!
(助かった~~~)


こちらもいろんな種類のひまわりの種取り
DSCN3070.jpg



固定種唐辛子とハルユタカ小麦
DSCN3092.jpg



弾けたオクラと白と緑の綿花
DSCN3085.jpg

収穫の季節ですね

ひまわりの花びらで

2羽のカモさんがぐんぐん大きくなっています

DSCN2973.jpg  

これは10日ほど前の写真ですが
DSCN2970.jpg


雌雄が大きさや羽で判別
雄は頭がかすかに緑の艶が見えて
水に潜ったり水上をダッシュしたり
狭い池でいっぱい訓練しているようです



翼が強く羽ばたけるように成長して
ここから飛び立つのもそんなに遠くはないですね

DSCN3017.jpgDSCN3022.jpgDSCN3018.jpgDSCN3019.jpgDSCN3020.jpgDSCN3021.jpg


鶏なのですが
DSCN3039.jpg
最近卵を産む数が少ないのは暑さのせいと思っていたけれど


この小屋の下なのです

DSCN3024.jpg


いた。
DSCN3027.jpg

な、なんと
DSCN3028.jpg



掻き出してみるとこんなに!
チャーちゃんとジュワちゃん9日分あります
DSCN3029.jpg

産卵場所が乱されたのが気に入らなかったのか
今日は畑のズッキーニの根元に産んでいました
当分また宝探しです

DSCN3038.jpg




ひまわりの花びらは
パラボラアンテナ?

DSCN3036.jpg




太陽のコロナ?




DSCN3035.jpg

消えた!!!
DSCN3047.jpg





光を放つ不思議な力
2キロの花びらを収穫
DSCN3051.jpg

今年も甘酢浸けと
DSCN3053.jpg

茹で汁でタオルと綿糸を染めたら
DSCN3055.jpg 

意外にしっかり染まりました

今日は一日曇り空
青空だったら良かったのにね
DSCN3058.jpg 

宝探し

6月のある日
畦草刈りで卵を見つけて
カラスに襲われるからと持ち帰った7個

どうしようか?と 孵化器のあるわが家に届けられました
私が誤って落として割った一個の他は
何とか孵化成功はしましたが
訳あって現在は2羽

野生はわからないことばかりですが
なんとか育っています
DSCN2919.jpg

池では金魚とすぐ仲良くなりました
DSCN2912.jpg

鶏たちは安全地帯で放し飼い
DSCN2907 (1)

春に産まれたたんぽぽちゃんの4羽の子育てが終わって
ある日突然親離れ子離れをして

たんぽぽちゃんの後に抱卵始めた2羽の烏骨鶏かあさんも
3羽と2羽 見分けがつかないのに親も子も絶対間違えない
そのうえ仲良く一緒に育ててる

DSCN2920.jpg

かあさん鶏は
捕らえた羽虫を自分は食べないでわざと子どもの前で放す
羽虫は飛び立って逃がしてしまう
「あら、せっかく捕まえたのにね・・・」と残念に思うけど

子どもはその後からは 見事に獲物を捕まえる
DSCN2927.jpg
烏骨鶏から学ぶ子育て


咲きました綿の花
この花を観たかった

手前のクリーム色は今日咲いた花
向こうのピンクは昨日の花

終わった茶色の花
綿が完成するのは秋かな
DSCN2898.jpg

こちらはオクラ
DSCN2895.jpg

わさわさ育ってる落花生
DSCN2896.jpg

ハウスの外で咲く
アカバナも好きです
DSCN2899.jpg

レインボーコーンにオモチャカボチャが迫る
DSCN2900.jpg

猛暑が続き水不足の畑だけど
朝露でぐいぐい育っているみたい
DSCN2931.jpg

DSCN2904.jpg

それにしてもあちちち
DSCN2932.jpg

暑さの苦手な鶏さんたち
DSCN2934.jpg

毎朝陽が照る前にハウスを歩き回るのは
《宝探し》
スイカの赤ちゃんに印をつける作業
来月の始めくらいまで続けられるかな
DSCN2909 (1)

DSCN2911.jpg

猛暑お見舞い申し上げます

たんぽぽちゃん

タンポポが綿毛になり始める頃
DSCN2822.jpg

20日以上飲まず食わずで抱卵を続けていた
たんぽぽちゃんのお腹の下から
DSCN2793.jpg

可愛い声が聞こえてきました
DSCN2797.jpg

DSCN2819.jpg
お母さんのお腹は温かくてやわらかで
産まれたばかりの赤ちゃんの最高のお布団なんですね
DSCN2823.jpg


今日は一番高い田んぼの田植えです
DSCN2807.jpg

春の最大の農家イベント

緑深まる自然の中の一部として実感しながら
DSCN2831.jpg

DSCN2837.jpg

DSCN2839.jpg
 
作業に問題なくお天気にも恵まれて
いつもより短い日数で終わりました



無事を祝って海にドライブ
この日没と同時にスーパームーンが昇り始め
皆既月食が始まるのでした
DSCN2842.jpg

DSCN2843.jpg

DSCN2850.jpg




いつもの流行る飲食店
7時半にオーダーストップで

食事済ませてお店から一歩出ると同時に
慌てるように消灯しました

緊急事態の現実・・・

 時間過ぎて明るくしていると通報されるのかな

まもり 護られ

お米の苗に雫は
DSCN2776.jpg  
ダイヤモンドか水晶か
DSCN2773.jpg

桜がいつの間にか散り始めてます
DSCN2753.jpg

スイカは今成長期に入って
ぐんぐん伸びています
DSCN2777.jpg


今は余裕の野菜ハウスだけど
そのうちここも狭くなる
DSCN2779.jpg



姿を見てスタコラ集まってきた
DSCN2768.jpg

みんな一緒に移動するからはぐれるコはいないけど
DSCN2763.jpg

畑にこれではマズい
DSCN2787.jpg
植えたばかりのトウモロコシと
ヤーコンとズッキーニにコンテナ被せて
働き者の害鳥から守る
DSCN2786.jpg

鶏ハウスに突然出来たドア
これからとーさんがぐるりとネットを張ってくれるの

ノスリやキツネ、アライグマから鶏を護るため
そして畑を鶏から護るため
DSCN2770.jpg

2月に産まれた5羽はこの子たち
♂2羽♀3羽かな?
DSCN2746.jpg


4月に産まれた6羽は
烏骨鶏の卵だったけど 黒い子2羽がどうなるのか面白い
みんな生まれ時期ごとにまとまって
DSCN2751.jpg
卵を産んだ一羽の烏骨鶏が5個の卵を抱えてる
一週間したらまた誕生?


さて

ゆっくりゆっくり代掻きが終わって
DSCN2756.jpg



田植えが終わればまた緑が濃くなるんだね
DSCN2755.jpg

雪解けと一緒に

光が通った!!!
おらが町にも

ほんの数日前なんだけど
すったもんだ数社が入り乱れて確認作業に苦しみながら

便利なんだろうけど分かりずらいシステムが多いわ
こうやって時代に乗っかって大丈夫なの?と
疑いながらも「光」を」試す

おぉ~~~!サクサク
最近動きが重かったの

DSCN2715.jpg 
食べごろのフキノトウがどんどん顔を出してる
もう3回も天ぷらで食べて味噌も作った
もう探さなくてもいっぱいあるわ


今日も旭岳が近い
DSCN2720.jpg


働くひと
DSCN2697.jpg


スズ先輩
DSCN2701.jpg

姿が見えると集まってくる
DSCN2704.jpg

みんみん様も日中はハウスに移動
みんなが外出中だから
DSCN2707.jpg
箱入り娘はワイルド仲間とは距離を置かなきゃ
ワイルドに追っかけられて私に駆け寄り隠れるの(🎶)


2月に産まれたこの子たちも
DSCN2706.jpg

おっと!


やんちゃな時期
DSCN2723.jpg

産卵中

朝はここが取り合いの空き待ち
DSCN2708.jpg


雪が融けたところにはいっぱい楽しいことがあるみたい
DSCN2721.jpg
いっぱい楽しいので
鶏と戯れたい方は
いつでも遊びにきてください♪


DSCN2712.jpg


DSCN2713.jpg


今朝も氷が張ってるけど
春を感じるとワクワクします

黄砂

靄った日の出
昨日は日本中が黄砂に覆われましたね
DSCN2689.jpg  

電熱ハウスの緑
いただいた水菜(紅法師)
DSCN2690.jpg


お目覚めのひよこ豆
DSCN2692.jpg


去年は蒔かなかった綿花
紡がなきゃと思ってる綿に追われそうで

でも今年は花を観なきゃね
綺麗だものね~
DSCN2694.jpg


今年はちょっと出遅れ気味のスイカ苗DSCN2695.jpg



今年も何種類か蒔いたトマトDSCN2691.jpg





春を喜ぶ鶏さんたち
DSCN2685.jpg


DSCN2683.jpg

やっぱり青空はいいね
DSCN2684.jpg





春めいて

しばらくぶりの更新です
2月が逃げていき
3月11日の東日本大震災10年の年月
予算審議委員会中に審議中断 黙祷


今年もコロナ禍ではありますが 種蒔く時期を迎える喜び
DSCN2660.jpg 

DSCN2665.jpg 
除雪も進んでいます
DSCN2661.jpg  


レモンが蕾を着けています
開くのが待ち遠しいDSCN2666.jpg


鶏たちが冬を過ごしたハウスは春からの電熱ハウスなので
また新たに鶏専用のハウスを建てました
これからはここが鶏たちのお家
DSCN2658.jpg

ちょと馴染めない感じだけど
DSCN2655.jpg

すぐに馴れるわ

男の子が多いので
もう少ししたらもらっていただけるお宅に行くのよ

DSCN2648.jpg



電熱床の準備が出来る前に鶏ハウスを作り
それでもスイカの種は蒔かなければならなくて

発芽したけど床が出来ず後手後手で

《もやし》になったと嘆いていたら
なんと!
DSCN2669.jpg

誰の仕業!!!?

DSCN2674.jpg

昨日蒔いた種
ストロベリーコーンが殆どやられてる
誰だ!???DSCN2676.jpg

DSCN2675.jpgしらにゃ~~い♪

とばっちりだ===!!!DSCN2629.jpg


いのちのカプセル

-21℃の朝
サンピラーが撮れるかと着込んで朝日に向かって少し歩いたけど
DSCN2610.jpg 
スッキリ澄み切った日の出で
立ち昇るキラキラは見ることができませんでした

DSCN2617.jpg 
冷凍室の世界は足音がキシキシと響き
髪の毛に吐く息が白く凍る
10分その場にいるだけで家に駆け込みました
耳にも何か覆うべきだったと思う
DSCN2609.jpg 
でもシバレた日は何かわくわく




最近の鶏さんたちは
女子と男子を隔離して

乱暴な男子たちから女子を守っています

それでも男子は女子から離れず
DSCN2625.jpg

雄叫び~~

DSCN2596.jpg

いのちのカプセル

さて
今年蒔く種を整理する
DSCN2623.jpg

炭治郎めし

大晦日には真ん丸だった月
DSCN2555.jpg

冬は凍って見えますね
 
スノーアニマルたちがたくさん
DSCN2557.jpg 
落ちずにぶら下がってる
DSCN2553.jpg 

最近毎日来ている足跡は
DSCN2550.jpg 
野ウサギさん


朝はめんどりさんたちは落ち着かないのです
DSCN2566.jpg 
卵を産む場所を探す
決して喧嘩にはならないけど
DSCN2558.jpg 
ち・・・ちょっとごめんね
DSCN2563.jpg
窮屈なんです


DSCN2567.jpg 
きれいです♪

more...

-23℃の大晦日

夜通し窓から月に覗かれてました
明るくなり始めてからの凍った月
放射冷却で冷凍庫の中
DSCN2515.jpg 

今年の最終日に-20℃を下回るのは珍しいので
着込んでカメラを持って外に出る

おぉ~~~!流石のシバレ

空気が乾燥しているのかな?
顔が痛い程気温が低いのに
ダイヤモンドダストが見られない

ということはサンピラーも見られないかも

DSCN2517.jpg


でもどうしたって美しい景色です
DSCN2518.jpg


DSCN2521.jpg
ようやく見つけたフロストフラワー

DSCN2530.jpg




どなたさまも2021年は 希望の年となりますように

夢は叶うよ

どなたからのハヤトウリ?
おすそ分けで食べてみたら あら!新しい食感

それで早速種を注文したらまるごと届きました
このまま土に埋めるの?種を採るんじゃなくて?
知っているかたいらっしゃたら教えて~
DSCN2454.jpg 
初めてのハヤトウリ栽培
ごろごろ収穫できるみたいだから
今年の直売楽しみにしていてね~

ちゃんと出来れば、、だけど



窓の外には庭鶏
DSCN2457.jpg 

DSCN2459.jpg 

DSCN2461.jpg 
今年も雪が遅いなぁ~と思っていたら
DSCN2449.jpg 

そんなことはないようで
北海道ばかりじゃなくて
日本海側が大変のようですね
DSCN2475.jpg 
春から育苗の電熱ハウス
いつもは機械の収納に使っているスペースが
鶏たちも同居するようになって
DSCN2480.jpg 

DSCN2495.jpg 
いつもの外にゃんが複雑な表情
DSCN2490.jpg 
床暖つき(炬燵)のにゃんこルームの隣は
DSCN2492.jpg 
産卵スペースが備えられ
床暖が熱く感じたらにゃんこが使用のリーズナブル仕様で
DSCN2491.jpg 

毎日産みたてを探しに行く幸せ感
DSCN2473.jpg 

厳しくて長い冬に
DSCN2513.jpg 
コロナが主役のようになって
残り少なくなっている今年だけど
DSCN2512.jpg 

DSCN2511.jpg 
希望や輝きは失わないでね
プロフィール

尾崎圭子(kekkow)

Author:尾崎圭子(kekkow)
北竜町で豊かな自然の中でお米作り中心に百姓を始めて早25年になりました。仕事の中で感動を見つけ四季の中で楽しみ、これからも描いた夢や目的を軸に過ごしていきます。ここでみなさんと共有できると嬉しいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク