FC2ブログ

収穫間近の

去年の落ちた種が 畑で芽を出して
もうじき花が見られます
DSCN2084.jpg
ひまわり


ジャガイモのデストロイヤーの花が
きれいで驚いてます
DSCN2083.jpg

取ったトマトの脇芽を水に挿して
根が出てくる生命力
輝いてますね~
DSCN2039.jpg


収穫間近のスイカの圃場
毎朝目にする光景が恐ろしくて

何か異常を感じてます?
DSCN2066.jpg
毎年のことなのですが
DSCN2059.jpg
ここから闘いが始まるのです
DSCN2061.jpg
今回はキツネですね
DSCN2060.jpg
裾ビニールに穴を開けて侵入しています
DSCN2062.jpg
噛みついて開けた穴もキツネ型
DSCN2064.jpg
毎日現場検証しながら対策練ってます
精神的に酷く試されます
もうちょっとで乗り越えるのだ頑張ろう
DSCN2065.jpg



気を取り直して

野菜たちが大きくなりました
左手前が大きくなるナタマメです
まだ花も咲いていません
胡瓜は毎日食べられるようになりました♪
DSCN2067.jpg

待ち遠しいミニトマト
DSCN2069.jpg

2年ぶりの「牛の心臓」はまだまだ大きくなるよ
DSCN2072.jpg

待ちに待った加茂茄子
実が締まってて大好き
DSCN2070.jpg

唐辛子
向こうに見えるのは落花生
DSCN2071.jpg

そら豆
DSCN2073.jpg

もう一度デストロイヤー
DSCN2082.jpg
美しいね~~~

田植えと壁のサイディング

  田植えが終わりました
DSCN1996.jpg

途中朝のうちの土砂降りに見舞われたくらいで
DSCN1999.jpg

DSCN2000.jpg

青空とお疲れさま~の笑顔
DSCN2001.jpg

ひと雨降ったら緑が濃くなってる
DSCN2026.jpg

DSCN2004.jpg

ミンミンさまは
DSCN1981.jpg

外にも慣れました
毎日卵を産んでくれているのに
1羽じゃ寂しかろうと
鶏小屋と仲間は現在検討中
DSCN2011.jpg


とーさんがアクロバットで描いた虹がもうボロボロだったので
珍しく業者さんにサイディングをお願いしたの

DSCN1975.jpg  

さようなら~ 虹
DSCN1976.jpg  

DSCN1984.jpg

もう無理はして欲しくはないけれど
業者さんに任せただけじゃ気が済まない性格で
後は足場があるうちに出来るところまでとーさんペンキ塗り
外側はきれいになりましたので
お近くの方はどうぞご覧ください(笑)
DSCN2014.jpg

DSCN2012.jpg

DSCN2025.jpg
次の冬が楽しみじゃ

育ってます

ミモッチがサヨナラしました
このお花が似合いそうだから
ミモッチローズ
お別れに日はいつかは来る
DSCN1932.jpg

さて桜も満開が過ぎたようです
今大がかりなお手入れ中
DSCN1955.jpg

見慣れないモノは調査
DSCN1963.jpg

誰かミズナラの枝で冬越ししました?
DSCN1950.jpg

育ってます
野菜ハウスのナタマメ
DSCN1964.jpg

加茂茄子
DSCN1965.jpg

そら豆は花が咲いた
DSCN1967.jpg

スイカも伸びたので蔓引きしなきゃ
ミツバチが来るのでそろそろ着果の準備
DSCN1969.jpg

お米の育苗もあと10日ほど
DSCN1971.jpg

今が見頃?のタンポポにヒメオドリコソウ
DSCN1972.jpg

田んぼに水が入ります
DSCN1973.jpg 

糀菌もほわほわ育ってます
DSCN1953.jpg

 

この時代に

うちに来て3回目の春
それまでおじいさんと暮らしていた花子は外の世界を知らなかったけど
今年はちょっとだけ外を愉しめるようになったみたい
DSCN1904.jpg 
春だね~~~🎶
DSCN1903.jpg  
と思ったら


何これ⁉
DSCN1905.jpg 
4月24日なんですけど
DSCN1906.jpg 
雪の花盛り
DSCN1907.jpg 
雪が少なかったということは
雪解けがすごく早くて
いつもならフキノトウやフクジュソウが
待ちきれなかったよと背伸びして残雪の隙間から顔を出すのに

今年は枯草の中から咲き出すのを待つ不思議
DSCN1930.jpg 
この頃になると雪解け水の唸る音が
川を伝って響いてくるのに
今年はいつもとは違って穏やかな流れ
DSCN1925.jpg 
いつもと違うのはそんなことで
百姓はいつもと同じ春作業
8割接触を避けてとは言っても
常日頃人との接触がないのです


さて 4月11日に定植したスイカ苗の根が活着したようで
これからぐいぐい蔓先から成長します
DSCN1919.jpg 
トマトの苗も育ってます
DSCN1913.jpg 

フランス出身の牛の心臓トマトは
Y子さんのおかげで今年も育てられる
Harukoさん見ててね
DSCN1914.jpg

いきなり大きくなるそら豆
DSCN1915.jpg 

うちわみたいな落花生
DSCN1916.jpg 

ひよこ豆
DSCN1917.jpg 

ナタマメ
DSCN1918.jpg 
早く植えてあげなきゃ


免疫力をつけるために毎朝作って飲んでいる甘酒スムージー
バナナにシナモンに
DSCN1908.jpg 
自家製甘酒と
DSCN1909.jpg 
牛乳を加えてブレンダー
DSCN1911.jpg 

たまにマンゴー甘酒だったりしてね
DSCN1900.jpg 
みなさん新型コロナに近づかないようにね
完全に収束させないと災害が起きたら大変なことに!

人の組織がバラバラにされちゃった
新たな世界に備えて柔軟に適応しなければ

せめて個人が万が一に備えて免疫力つけて
ウィルスに負けない身体を作りましょう

これから向かっていく時代に
嘆いている時間はないですね

マメに生きよう

雪解けが順調に進み
3月のうちにハウスビニールが掛かったのは初めて!!
周辺ひと通り除雪機が回っただけでこうなりました。
 DSCN1873.jpg

2013年3月26日の写真です
hyouzu 024
こちらは3日後の29日
hyouzu 031


これは現在
接ぎ木も無事終了して順調に育っている赤小玉スイカ
DSCN1866.jpg
こちらは黄小玉スイカ
DSCN1868.jpg

この調子だといつもより早い収穫になりそうです🎶
DSCN9350.jpg

DSCN9402.jpg
※過去写真です↑

雪解けから顔を出したラッキョウの芽
今年も漬けようラッキョウ漬け
DSCN1870.jpg

この大きな豆はジャックと豆の木のモデル
DSCN1875.jpg
(水に浸したのでしわしわです)
DSCN1876.jpg
今年は福神漬けを作ろうかと🎵

↓これはひよこ豆
DSCN1877.jpg

↓そして豆板醤用のそら豆
DSCN1878.jpg
豆にもイロイロ
命のカプセルだから栄養もエネルギーもいっぱい詰まってる

今年のスローガン マメに生きよう


コロナの脅威が世界を覆っています
延期した東京オリンピックが来年夏までに行われるのか
リーマンショック並みの経済へ この先どうなるのか
それに伴う雇用への影響と国民の生活がどうなるのか
予測のつかない2020年を過ごしていますが

収穫のためにただただ種を蒔き 土を耕し育て
いつもと変わらない春を迎えています

どうぞ正確な情報の下にコロナ感染に徹底した対応を心がけ
冷静に平安な毎日を求めることを努められますように

やわら保育園見学会

2月19日と20日 の2日間
完成した隈研吾氏設計の【やわら保育園】の見学会が行われました
DSCN1837.jpg


梅原 真氏 デザインの文字
DSCN1836.jpg
材木は町のカラマツを材にして建てられ

シェードの布は町のひまわりの花びら140㎏を
【NPOあかるい農法】が収穫して乾燥させて

隈さん設計事務所に送ったもので染めた布です
DSCN1838.jpg

DSCN1839.jpg

DSCN1843.jpg

DSCN1842.jpg

DSCN1841.jpg

DSCN1840.jpg

DSCN1848.jpg

DSCN1844.jpg
トイレもシャワーも手洗いも
みんなどれもミニサイズ
DSCN1845.jpg

DSCN1847.jpg
広々したホールにステージ、ボルダリングの壁

子どもたちの元気な姿と声が響き渡るよう
DSCN1849.jpg

DSCN1855.jpg
雪が融けたら外の遊具も顔を出します
DSCN1854.jpg

DSCN1856.jpg

ホールを中心にクラスや事務室等が広がるデザイン
複雑なところが雪国の住人には対策が気になるところ

アンケートに材のささくれが気になる保護者が多くおられます
子どもが元気に不安のない環境で過ごすためには
入園までに丁寧に仕上げをお願いしますね

私はクラスのお部屋の収納の開き戸に
小さな指を挟みそうで気になりました

保育体制も充実されますように

朝陽を浴びて

朝陽を浴びて
DSCN1829.jpg


DSCN1822.jpg
雪に埋もれなかった畑の青紫蘇とひまわりたち
DSCN1820.jpg

DSCN1821.jpg

DSCN1830.jpg

DSCN1831.jpg

DSCN1833.jpg
春を迎えた若キツネ
 


DSCN1827.jpg
落ちないぞ~!としがみつくゆきんこたち

石鹸づくり

2月というのにこれだけのの積雪量
DSCN1813.jpg


楽ちんだね~~
なんて喜んでりゃいいけど何だか不安がよぎる
DSCN1812.jpg

去年の同時期の写真 
DSCN0951.jpg
当然肩パイプに届くほど

こちらは10年前 2010年の写真
2010_0206アルジネート0065

やっぱり今年は少なくて楽ちんだわ~~
と思ってしまったね
2010_0228のりパン工房0012


春を感じて出てきた若葉(レモン)
DSCN1804.jpg
天津桃
DSCN1805.jpg

水に浸けておいた大根の茎
DSCN1810.jpg
花は咲かなそうだけど
緑があると嬉しい


鹿脂×ひまわり油で石鹸を作りました
去年末に捕獲した鹿の脂を採収して
町特産のひまわり油と混合させて
苛性ソーダと水を計ってバターを作るようによくよく振り交ぜる
DSCN1788.jpg

Namiちゃんが持ってきてくれた苛性ソーダ
ありがとう
薬局で取り寄せてもらって印鑑押して買ってくる
DSCN1794.jpg

3か月ほど寝かせたら使えるんだって

エッセンスオイルを入れて香りを混ぜました
1カ月が過ぎて香りが消えました
DSCN1789.jpg
洗剤はこれで?

放射冷却の華

 月明りが雪に
闇を照らす

あぁ 夜が明けたら見事なシバレ模様?
DSCN1773 - コピー


母の退院で病院に向かう途中
水分の多い川辺の木々は真っ白に氷を纏ってる
DSCN1754 - コピー

DSCN1755 - コピー
フリーザーボックス
DSCN1760 - コピー

DSCN1759 - コピー

氷の妖精が生まれていそうな
DSCN1757 - コピー

DSCN1766 - コピー

DSCN1763 - コピー

DSCN1764 - コピー

今年は雪が記録的に少ないから
動物たちの足跡がいっぱい見られます
DSCN1767 - コピー

フロストフラワー
DSCN1761 - コピー


DSCN1765 - コピー


DSCN1769 - コピー

DSCN1770 - コピー

ススキ・オオハンゴンソウ・オオイタドリ

時期の過ぎた草たちが
みんなお洒落に輝いています

母がまた元気に園で笑顔の毎日を楽しめますように


用事が済んで帰るころ
妖精はすっかり消えていました

フラクタルの法則

一面の銀世界が訪れました
北海道の冬は景色が一変しますね
DSCN1743.jpg
定点地点に行くことを簡単に考えていたけれど
足元が変則的なのと雪が意外に深くて
疲れたので途中で


青空の日は影もブルー
DSCN1740.jpg






時々加工室に通ってお菓子を作ってる
DSCN1719.jpg DSCN1731.jpg DSCN1722.jpg
素材はひまわり油とひまわりナッツ
そしておからを使って

おからマフィン
DSCN1736.jpg
ひまわりシフォンケーキ
 DSCN1735.jpg

ナッツたっぷりノンアレルギー(ゆきひかり米粉)フィナンシェと
小麦粉素材の塩サブレ
DSCN1737.jpg




急に話は変わりますが
ロマネスコ
フラクタルのロマネスコ
フラクタルの法則で
部分は全体
全体は部分でもあるという
この自然界はシンプルな法則で構成されていることの感動よ



こちらは木のパターン
フラクタル 木のパターン
一は全  全は一



こちらもそういうこと?
DSCN1738.jpg




なんて、みんみんの落とした羽根を眺めてそんなことを考える

DSCN1739.jpg


自然界はすごい

際立つ色

 いつもよりちょっとだけ遅い
雪が降った日
DSCN1686.jpg
際立っていたのは八重桜の葉っぱ
DSCN1684.jpg
宝石みたいな野葡萄
白黒の厳しい冬の前に
見せてくれる鮮やかな天然色
DSCN1689.jpg
この色を味わっておかなきゃ


春に外に出した色々な木
また家の中で越冬
オリーブ、天津桃、レモン、タマリュウ、ローリエ、豆柿
連れてきたイチゴが赤くなり
DSCN1682.jpg

DSCN1680.jpg

とーさんとふたりだから
半分にして食べました
DSCN1692.jpg
甘酸っぱい味でした

田舎サイズ

気が付けば

10月もお終い
朝陽が燃えていた
DSCN1635.jpg 

DSCN1629.jpg 

DSCN1630.jpg 
もうじき白いものが落ちてきますね

公私ともに毎日の予定チェックで
なんとか今月もクリアできそう?



42年ぶりの上京がすごかった


昔と変わったような変わってないような
DSCN1645.jpg 
空が狭く塞がれていて

たくさん人が流れていて
DSCN1648.jpg 
DSCN1649.jpg 
DSCN1650.jpg 
記憶を辿りながら 夢で見た 
がらりと変わった風景はやはり幻想だったのかと


ちょっと安心して

流れに沿っていることが心地よかったり


干渉されないのが開放的だったりの時期を思い出して


毎日ここを通ってますけど みたいに歩いて



それから帰省



自然を眺めて

今年秋の山の色合いはとても鮮やかだとか

黄葉・紅葉・常緑樹のコントラストがきれいだとか
DSCN1663.jpg 

シラカバの黄色に見とれたり

 青い大空を仰いだり
DSCN1666.jpg 


わが家のリンゴ

見かけは悪いけど味は美味しかったとか
DSCN1624.jpg 

オンコの実が大豊作とか

都会が悪いわけじゃないけど
田舎はいい
DSCN1671.jpg


みんみんちゃん
お天気のいい日にアウトドアを経験させたくて


即席ネットで囲って「ホラお外だよ~~~」と出したけど
何だか落ち着かない&不安そう
DSCN1675.jpg


 ひとりじゃ寂しいのかとイカラちゃんも同伴させてみたけど


やっぱりこのこはインドア派ということで
DSCN1678.jpg



ここが≪身の丈に合っていて≫一番嬉しいってことです
DSCN1672.jpg 

今年も終了!

稲刈り最終日
今年は9月28日 
DSCN1598.jpg
9月中に終了出来るのは珍しい
お天気に恵まれました
DSCN1601.jpg
最後の品種ゆきひかり

日の陰りが早い
DSCN1605.jpg

どんどん機械が

DSCN1609.jpg 
DSCN1610.jpg
DSCN1612.jpg
DSCN1613.jpg
DSCN1614.jpg
DSCN1616.jpg
DSCN1618.jpg
DSCN1619.jpg
稲穂を食らって
DSCN1620.jpg
終了しました

早春からここまで ドラマチックで
この瞬間でホッとする


若者はこのカボチャたちも箱詰めにしながら片付けが始まって
腰を痛めた老兵は疲れた身体を労わりながら
冬を迎える準備かな
DSCN1596.jpg



夏の名残
二色のスイカは干して冷凍すると
とっても甘~いアイスで楽しめるとのことなので
DSCN1587.jpg

DSCN1593.jpg
これは冬の間の孫のおやつだな

農村watching

 今年のオモチャカボチャ
にーさんが一個一個採っては水洗い
DSCN1558.jpg
こつこつ蓄えて
まだ終わってません
DSCN1554.jpg
350株ほど植えたんだけど
なんだか同じようなのが多い気がする

気候が合っていたのか蔓が旺盛で
ハウスに這いあがり
DSCN1550.jpg
蔓を中から外から切り離し
DSCN1553.jpg

DSCN1552.jpg

これは初回(2016年)のカボチャ
もっと多様だったのがわかります?
DSCN8616.jpg


誰かいるよ

ひまわりの里の駐車場からの出口
DSCN1521.jpg
ジャラジャラファッションのイケメンはどこから?
DSCN1522.jpg


さて
前回男の子だと告知してしまった烏骨鶏のミンミン
鶏をよく知る方に写真を見ていただくと
即答「メスだ!!!」
DSCN1576.jpg
ということで
このヘアスタイルはモヒカンではなくアフロということで
DSCN1579.jpg DSCN1580.jpg
訂正させていただくことに
タマゴを産みましたら改めて報告させていただきます
DSCN1584.jpg


昨日はいきなり黒雲が現れ
空から雨水が降り注ぎました
DSCN1560.jpg
農村地帯を縫って
実家に向けて車を走らせるこの道の脇
誰かの姿に見えませんか?
DSCN1562.jpg

DSCN1559.jpg
富山とか?










富山の薬売り

桃とラッキョとひよこ豆

Kさんありがとうございました
桃農園にお願いして送っていただいた天津桃
生で食べるととっても酸っぱいけれど
ジャムにするとその酸っぱさがとても美味しい!
DSCN1517.jpg
皮を剥いてざっくり切って
グラニュー糖で煮ると
DSCN1518.jpg
ペクチンが豊富なとろりとした美しいジャムが出来ました
DSCN1538.jpg
種を採ったのでまた蒔いてみよう
DSCN1539.jpg

畑で3年越しで出来たラッキョウ
最初は5粒から始まって
翌年100本を植え替えて
今年ようやく収穫できた
DSCN1477.jpg
いつ収穫したらいいかわからずに
7月のうちと8月末に採ったけど
なんだか瑞々しさがある7月末頃が良さそうに思う
DSCN1478.jpg

らっきょう漬けが二瓶出来ました
DSCN1540.jpg

今年は早朝しか出来なかった農作業
 なんとか採って来たひよこ豆はこれだけですが
DSCN1484.jpg
ひと鞘ひと粒のひよこ豆
ホラ!ほんとにひよこの頭みたい
DSCN1486.jpg

この子は7月にうちに来たおちびちゃん
母鶏が孵化したばかりの雛を
弱ければつついてしまうという
保護したそのこをいただいてきたのでした

もしかしたら卵を食べられる???
高級鶏卵烏骨鶏のタマゴ~🎶
DSC_0056.jpg

日ごとに元気に育ち
とっても懐いて手乗りになり
目が黒々してかわいいね~~~と喜んでいたけど

なんだか背が伸びるごと頭がモヒカンになり
脚ががっしりほっぺにも羽毛が伸びてきたよ

調べたらメスはアフロヘアだとか?
DSCN1542.jpg
こ・・・これは
DSCN1548.jpg
間違いなくモヒカンの男の子ですねぇ
プロフィール

尾崎圭子(kekkow)

Author:尾崎圭子(kekkow)
自然とかかわることでいっぱい元気もらってます。
いろんなもの育てたり作ったりが大好き。ここでいろんな思いを共有していただけたら嬉しいです

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク